オートキャンプ入門ガイド > オートキャンプ失敗品

オートキャンプ失敗品

オートキャンプ用品は、一度買えばしばらくは買い替える必要がないものがほとんどです。キャンプ用品を選ぶときには、必要のないものまで買って失敗しないように気をつけましょう。

ナイロン製の寝袋:外側はナイロンでも問題はないのですが、直接肌にふれる内側は綿素材がおすすめです。ナイロンは汗、湿気を吸い取らずベタベタして不快感があります。また、動くとカサカサと音がするのも難点です。購入するときには素材なども確かめてからにしましょう。

保冷剤:クーラーボックスに入れるための保冷剤も、たくさん入れると重く、荷物になります。保冷剤の変わりになるのが1.5~2リットルのペットボトルです。冷凍庫で3日くらい凍らせておき、クーラーボックスに入れて持っていきます。凍らせる時は破裂を防ぐために中身を少し出してから凍らせます。中身のお茶などは、飲んでしまえば帰るときには荷物になりません。

キャリーカート:重い荷物を運ぶために使うもので小さなタイヤがついていますが、アスファルトなど足場がよい平らなところでないと使えません。そのため、キャンプではあまり役に立つとは言えません。

大きいソフトクーラーボックス:たくさん入るからといって大きなクーラーボックスを買うと、中身を入れたとき重くて持ち運べなくなってしまいます。ちゃんと持てるかどうかも考えてから購入を考えた方がよさそうです。

燃料がバラバラの器具:コンロ、ランタンなど、燃料がバラバラだと荷物が増えるし、経済的にもよくありません。燃料がなるべく同じものを買うと困りません。また、懐中電灯などは手回し発電式のものを持っていると、電池が切れる場合もなく安心です。ラジオ付きのものもあります。オートキャンプだけでなく災害時にも活躍します。