オートキャンプ入門ガイド > 北海道地方のオートキャンプ場

北海道地方のオートキャンプ場

北海道のオートキャンプシーズンは、4月から11月くらいの間です。キャンプ場の場所は山林に多くあります。高原や洞爺湖周辺の湖畔にもあります。北海道は面積が広く、道東の天気が良くても道北では雨ということもよくあります。北海道の最も天気が安定する時期は6月頃です。気温は低めですが、春らしく晴れている日が続きます。夏はその年度によって雨が多く降る年、降らない年などがあるそうです。
北海道のオートキャンプ場はどのようなところがあるか、いくつか紹介します。詳しい情報はHPやキャンプ場ガイドから調べてみてください。

●オートリゾート苫小牧ARTEN
(セミオートサイト3150円、オートサイト4200~6300円)
1999年に温泉施設も完成し、リゾート施設に近いキャンプ場。不便さを体感したい人には向いていないかもしれません。

●朱鞠内湖キャンプ場
(大人500円、子供250円)
朱鞠内湖の湖畔にあるキャンプ場です。朱鞠内湖は釣りの名所です。そのため、釣り客も多いかもしれません。複雑な地形がそのまま残され、サイトによって景色、雰囲気が変わります。自分でお気に入りの場所を見つけるのも楽しいキャンプ場です。焚き火もできます。

●星に手のとどく丘キャンプ場
(入場料 中学生以上500円 小学生以下250、フリーサイト500円、オートサイト1000円、キャンピングカーサイト1500円、バンガロー6000円

2003年にオープンしたキャンプ場。オーナーの意向で、星空観察の邪魔をする照明が一切なく暗い空を楽しめる。また、焚き火もできる場所が作られていて、焚き火をしたい人におすすめの場所である。