天候について

オートキャンプは天候によってかなり影響を受けます。天候の安定している季節で計画を立てたり、突然の天候の崩れにも対応できるように備えたりすることが重要です。

まず、台風が近づいている日はとても危険なので中止を考えましょう。オートキャンプ場では予約をしておくとサイトが確保できますが、天気はギリギリまでわからないものなので、予約せずに当日の朝早く行って場所をとるのも方法のひとつです。区画のないフリーサイトのキャンプ場などはそういう融通がきくところがあります。

晴れの予報が出ていても雨具などは必ず持つようにしましょう。特に山林に近い方では天気が変わりやすいといわれます。子どもがいる場合には長靴も用意すると良いです。体を冷やさないように長袖の服、防寒着も用意して風邪などひかないように気をつけましょう。フリースを1枚持っていくとよいと思います。本降りでなければ、雨具を着て周囲を散歩するのも楽しいかもしれません。

タープを使用しているときは、タープが雨の重みでつぶされないようにピンと張って雨水がたまらないようにします。ときどき溜まった水を落としてやります。また、地面に雨水が溜まってテント内に浸水しないように、テントの周りに溝を掘って水を逃がす方法もありますが、勝手に地面を掘ってはいけない場所が多いので確認しましょう。

テントが入るほどの大きめなビニール袋を持っていき、濡れたテントを持って帰ります。テントは天日干しして完全に乾かしてからしまいます。