火について

オートキャンプでは炊事のときなどに火を取り扱いますが、十分に注意しなければなりません。宿泊するオートキャンプ場でのルールにも従って行動しましょう。

火は決められた場所で使いましょう。地面が芝生になっているキャンプ場では芝生を守るため、直火を禁止しているところが多くあります。また地面から浮いている状態で使う器具なら使っても良いというところもあります。脚つきのものなどです。

共同の炊事棟があるところではそこで調理しましょう。炊事棟に食事できるスペースが設けられているキャンプ場もあります。

炭の着火方法
木炭を使って調理する場合、時間に余裕をもって着火しておく必要があります。火がつくのに時間がかかるからです。調理の1時間前くらいから火を起こしておくとよいでしょう。木炭に火をつける時には杉の落ち葉や新聞紙などを用います。しかし、紙は燃えると舞い上がってしまうため、大量に燃やすと近くのテントや洗濯物にすすが飛んでしまうので少なめにしましょう。
木炭は炎が出ている状態より熾き火(おきび)の状態の方が高温で調理に適しています。うちわ等を使って空気を送り込むとよく燃えます。
調理が終わり火を消すときは、水をたっぷり張ったバケツの中に炭を落とします。その後、天日干しで完全に乾燥させれば次回また使うことができます。蓋つきの七輪を使うときは蓋を閉めて空気を遮断すると火は消えます。
炭は、見た目は消えているように見えてもまだ熱いことがあるので、十分気をつけましょう。